賃貸管理

1面トップ

シェアハウス急変、空室増の一方で新築供給も、差別化戦略不可欠に

 一般賃貸住宅の空室増加が続く中、シェアハウスの供給数が増えている。首都圏ではこの5年間で10倍近く増え、1万2000戸ほどあると見られる。それでも供給不足で人気物件は入居待ちという。一般的に新築で約10%、既存物件のリフォームで20%の高利回りが期待できるため個人、業者を問わず参入が続き、新築物件も増えている。一方で最近は以前の「ただつくれば埋まる」という状況に変化が見られるようになってきた。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年10月24日