その他

連載

2011年 米国不動産動向を探る、奥田“サム”貞沖、需要拡大に期待、賃貸市場の最新動向

 来年11月の米国大統領選挙に向け、景気の先行き懸念から新たな候補者擁立の動きが聞かれる。前回予備選を戦ったヒラリー・クリントン氏だ。辣腕弁護士として活躍後、ファーストレディを経て、上院議員、国務長官としての実力も立証済みだ。国内経済に閉塞感が漂う中、初の女性大統領による新たなチェンジを期待する国民の声かもしれない。一方、その大統領を選ぶ米国民にも、移民の増加などで人口構成の変化が顕著だ。全米の主 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月26日