その他

特集

【不動産ITビジネス特集】「ESいい物件One」11月誕生、社内外の情報共有化を促進、的確にオーナー資産を管理、管理会社の事業コストも低減

 いい生活は、従来のサービスの強みを生かした新サービス「ESいい物件One」を11月に誕生させる。12月から本格稼働する予定だ。  物件や入居者などの情報を「Oneネットワーク」というプラットフォームを介して管理・仲介会社の情報共有を行う。事業の効率化を実現するもので、社内だけでなく会社間での情報共有化も実現。「つなぐ」をキーワードにクラウドの強みを生かす。  同サービスでは、管理会社など元付け会 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月26日