行政

その他

基準地価団体コメント、内需の柱住宅投資に配慮を、実需中心に市況の底堅さ実感

■全国宅地建物取引業協会連合会 伊藤博会長  政府が第3次補正予算案で住宅エコポイント制度の復活や、フラット35Sの優遇幅の拡大を行う意向であることは住宅需要の掘り起こしによる地価の回復に有効であると思われる。  将来消費税引き上げが行われる場合、住宅についての軽減税率の導入や流通税の抜本的な見直し等で、中古住宅取得時においても実質的な税負担増を回避するような措置を講じることが必要である。 ■ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月26日