行政

その他

国土交通副大臣が就任会見

■「金利引き下げ継続」奥田建副大臣  奥田建国土交通副大臣は21日の就任会見で、フラット35Sの金利優遇など住宅取得支援策の強化に強い意欲を示した。  現在の住宅市場に触れ「住宅着工戸数は最悪期は脱したがまだまだ低い。これを支え伸ばすことが重要だ。政策のひとつとして金利優遇策に取り組みたい」と述べた。  具体策については調整中としながらも、「対象の範囲は絞り込むこともある。予算確保に向けて努力し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月26日