不動産流通・売買・仲介

その他

競売物件、開札件数全国で減少、9地裁円滑化法の影響響く

 東京地裁など全国9つの地裁で2010年度下期に開札があった競売物件は前期比12.8%減の9401件だった。調査を実施した三友システムアプレイザルは、リーマンショックで急増した住宅ローン物件の競売申し立てが09年をピークに一段落したことに加え、09年に施行された中小企業円滑化法の影響が差し押さえの減少につながっていると分析している。  さいたま地裁を除く8地裁(東京、横浜、千葉、大阪、名古屋、福岡 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月26日