行政, 分譲

その他

瑕疵履行法、半数超が「保険」利用、昨年10月~3月24万戸が加入

 国土交通省がまとめた住宅瑕疵担保履行法に基づく資力確保措置の実施状況によると、昨年10月1日から今年3月31日までに引き渡した新築住宅の半数以上が保険を利用していることがわかった。  期間中に引き渡した新築住宅は45万1549戸で、うち32万6708戸が建設業者、12万4841戸が宅建業者だった。戸数ベースで資力確保策を見ると供託より保険加入がやや多く、保険加入住宅は建設業者で53.5%の17万 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月26日