団体

その他

業界挙げ暴力団排除、各団体で取り組み強化、契約書ひな形を作成

 暴力団などの排除を目的とした暴力団排除条例が10月1日からすべての都道府県で施行される。暴力団を社会から締め出す動きが本格化する中で不動産業界団体も契約書のひな形を見直すなど対応を急いでいる。  暴力団排除条例は、暴力団など反社会的勢力の社会への参画を防ぐため、市民の努力義務や禁止措置などを定めたもの。現在までに全国45の道府県が施行し、10月1日からは残る東京都と沖縄県でも施行を予定している。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月26日