行政, 分譲

その他

地方圏でも「上昇」「横ばい」、大阪や九州の商業地など、基準地価2年連続で改善

 国土交通省が発表した2011年7月1日時点の基準地価(都道府県地価調査)は、全国平均で住宅地が前年比3.2%下落、商業地が4.0%下落となり、2年連続で下落率は大幅に改善した。上昇地点や横ばい地点は3倍に増加した。ただ、今年3月11日に発生した東日本大震災の影響で、首都圏や東北など東日本を中心に後半(今年1月~7月)の下落率が拡大した地域も見られた。  全国平均が下落となるのは住宅地が20年連続 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月26日