その他

特集

住宅・土地政策拡充キャンペーン1】、市場活性化へ政策税制強化、内需拡大で復興を支援、ストック時代の税制体系に、求められる流通税改革

 2012年度の税制改正に向けた議論が、今後本格化する。例年8月に締め切る政府の税制改正要望は、震災の対応を優先したため1カ月遅れの9月末になる。税収不足が叫ばれる中、期限切れを迎える各種特例措置の行方に関心が集まる。住宅エコポイント制度やフラット35Sの金利1%優遇といった一連の住宅取得支援策が相次いで期限切れを迎えるのに続いて、住宅取得資金の贈与税非課税措置の適用期限が11年限りとなっている。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月19日