その他

特集

【創刊2500号記念特集】全国から地域情報発信、読者ニーズ捉える役割も、週刊住宅、「3000号」へモニター記者制度スタート

 住宅・不動産は、日本経済を支える屋台骨としての役割が強い業界です。本紙創刊時とは時代背景も大きく変わりました。少子高齢化により国内市場の縮小が叫ばれる一方で不動産マーケットはグローバル化が進みました。日々の動向を的確に伝える役割にご期待ください。  毎週月曜日に発行している「週刊住宅」が2500号の発行を迎えることができました。  この間、高度経済成長から順調に経済発展を遂げて1980年代後半か ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月19日