行政

その他

国交省、液状化「判定手法は有効」、高度化に向けて検討

 国土交通省は「液状化対策技術検討会議」の検討結果をまとめた。液状化現象が発生した場所とその周辺で発生しなかった場所とを合わせて検証。一般的な液状化判定方法として利用されているFL法による判定結果と今回の震災での液状化現象の発生状況を比較し「おおむね整合している」と結論付けた。  FL法は、土の液状化に対する強さと、地震で作用する力の大きさで計算するもので、液状化に対する抵抗率FL値を算出する。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月19日