その他

特集

【創刊2500号記念特集~震災を乗り越えて~】住宅・不動産業界のニュースタンダード、問われる震災への「備え」、増える「自家発電」住宅、太陽光や燃料電池を搭載

 原発事故を起因とするエネルギー危機により、日本全体が計画停電や節電生活を経験した。そのため、住宅を選ぶ場合にも「エネルギー対策」が重視されるようになった。  太陽光発電システムや太陽熱給湯システム、地中熱空調など、自然エネルギーの利用に注目が集まる。ガスと空気中の水素を化学反応させて発電する家庭用燃料電池の需要も急増するなど、創エネ・省エネ住宅技術を求める声は大きくなっている。オフィスビルでも自 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月19日