賃貸管理

その他

【東日本大震災】文化 企業・ひと、管理会社、震災を語る、怒濤の体験教訓に、全管協南東北支部震災でパネルディスカッション

 全国賃貸管理ビジネス協会の南東北支部は14日、東日本大震災を体験した管理会社によるパネルディスカッションを仙台市内で開いた。宮城と福島の管理会社が、震災発生からこれまでの6カ月間を振り返るとともに、震災の体験を今後の管理業務にどう生かしていくかを議論した。司会は同協会スマイルアクション復幸委員会で委員長を務める松坂卓夫氏。 ●電話処理1万件に  松坂「震災が発生した3月は折りしも繁忙期でした。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月19日