行政, 分譲

その他

宅建業法運用指針、21時~8時は勧誘禁止、「投資目的」明示も義務化

 国土交通省は16日、10月1日に施行する宅地建物取引業法施行規則改正に伴う運用について決め、都道府県宅建行政担当部長に通知した。  宅建業者の勧誘行為として禁止している相手方等を困惑させることについて定めたもので、投資用マンションなどの強引な勧誘といったトラブルを防ぐことが狙い。施行規則では商号、氏名、勧誘目的であることを告げずに勧誘することを禁止したほか、相手方が契約しない意思を表示足した場合 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月19日