開発

その他

大型ビル空室解消、都心5.66%に改善、三幸エステート調べ

 三幸エステートが8月末時点で調べた東京都心5区に立地する大規模ビル(基準階面積200坪以上)の空室率は5.66%で、前月に比べて0.45ポイント低下した。空室率低下は2カ月連続。  1000坪超の空室を解消した大規模ビルが10棟あり、1カ月間のうちに減少した現空面積(テナントがすぐに入居できる空室面積)は90年の集計開始以来最高の2万5000坪にのぼった。需給改善を背景に、募集賃料(共益費込み) ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月12日