ハウス・住設

連載

住宅時評 トレンドを斬る(662)、ハウジングライター・藤原 利彦、震災で暮らし方は変わったのか、エコ住宅希望が倍増、「節電」93%が今後も継続

 東日本大震災で価値観や住まい方がどう変わるのか注目される中、LIXILグループのフィアスホームは「ミセスの節電と暮らし」アンケートを実施した。興味深い結果となっているので紹介する。同社が運営する住まいの情報サイト「おうち*くらぶ」で実施したもので調査時期は6月27日~7月29日、有効回答は201件。  福島原発事故の影響から首都圏では計画停電が実施され、企業や一般家庭にも15%の節電が要請され、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月12日