団体

その他

ビジネス塾に130人参加、埼玉宅建協同組合

 埼玉宅建協同組合(三輪昭彦理事長)は8日、埼玉県宅建会館で不動産取引における売買契約書の作成をテーマとした「組合ビジネス塾」を開催=写真。組合員など130人が参加した。  講師に招かれた深沢綜合法律事務所の柴田龍太郎弁護士が、売買契約時のトラブル事例を引用しながら、全宅連版の書式に基づき作成のポイントを解説した。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月12日