不動産流通・売買・仲介

その他

不動産の景気DI、4カ月連続で改善、帝国データ調べ

 帝国データバンクが発表した8月の景気動向調査で、不動産業の景気動向指数(DI)は前月から0.2ポイント増の34.1と4カ月連続で改善した。良好な資金調達環境や被災地での住宅需要が背景。  事業者へのヒアリングでは「低金利に加え、金融機関からの融資姿勢に変化はなく、資金調達環境は良好」(貸事務所)、「宮城県の賃貸物件はファミリータイプが供給不足」(賃貸)といったコメントがあった。  一方、「金融機 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月12日