その他

連載

【ニュースの背景(うら)を読む】震災半年後の不動産市場、新しい価値観が需要生み出す

 東日本大震災から半年が過ぎた。震災直後には不動産市場に深刻な影響を与えるとの懸念が広がったものの、住宅需要は徐々に回復。国民の根強い持家志向に自信を取り戻したデベロッパーは、秋に向けて相次ぎ数百戸クラスの大規模マンションの投入に踏み切る。  オフィスビル市場もBCP(事業継続計画)を強く意識するようになった企業が耐震性に優れたビルに対する需要を強めたことで、流動性に回復の兆しが見受けられるように ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月12日