行政, 住宅金融機構・都市機構

その他

UR都市機構新任役員らが会見、技術生かし基盤整備、佐藤佳朗都市施設部長

 担当は、道路や公園、インフラなど、都市再生や団地再生などと連携した施設整備を行って、本体事業と周辺エリアをつなげる役割だ。建物単体ではなく面的な開発を進める上で道路は重要な役割を持つ。国土交通省などで幹線道路の整備を担当してきた経験を生かして、まちづくりも含めた都市の基盤整備を進めていく。  URは地元や行政との調整などについてのノウハウを持っているのに加え、ハードも技術も備えている。そうしたハ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月12日