行政, 住宅金融機構・都市機構

その他

UR都市機構新任役員らが会見、復興支援具体化へ、松田秀夫理事、(震災復興支援・全国まちづくり支援等)

 震災復興支援はこれから具体的な事業の段階に入る。阪神淡路大震災とは違い、津波被害があった場所でそのまま、という選択は難しい。街をゼロからつくり出すという作業になる。震災前から指摘されていた高齢化などの問題も併せて解決する街づくりが必要だ。  被災した市町村はマンパワー不足になっている場合が多い。阪神淡路大震災や中越地震の復興に携わった実績やニュータウン開発など、URの持つノウハウを生かしたい。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月12日