行政, 住宅金融機構・都市機構

その他

UR都市機構新任役員らが会見、再生技術を実用化、廣兼周一理事、(技術調査等)

 ストック再生や都市再生において先導的な役割を担う。  ストック再生の課題は改修技術の発展。後付け施工できるアンカー技術など、新たな要素技術の汎用化を進めたい。この4月にはストック技術チームを立ち上げた。老朽団地を再生するルネッサンス計画で検証している技術の実用化については、早期に個別の団地で使えるものを実用に移していく。  都市再生に関しては、安心・安全や景観に配慮した質の高いまちづくりが必要だ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月12日