不動産証券化

その他

Jリート10年を検証・考察、山崎成人リートアナリストに聞く、市場拡大へ課題山積、人材育成、情報発信、体質改善……、海外が納得する改善を

 Jリートは短い歴史の中で大波に揉まれた。市場誕生から10年。日本の不動産市場においてミニバブルを演出し、その後は、米サブプライムローン問題やリーマン・ショックの発生に伴う世界金融市場の収縮とともにリート市場も急速に冷え込んだ。新たなビジネスモデルを提供した一方で、課題も多くなお健全な発展に向けた模索も続く。Jリートの将来性などについて山崎成人リートアナリストに聞いた。  ─10年間を振り返ってど ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月12日