行政

その他

UR賃貸に「DIY住宅」、内装や間取り変更可能に、原状回復義務も緩和

 UR都市機構は、UR賃貸住宅の原状回復義務を緩和し、クロスや床の張替え、水回り設備の交換など入居者が模様替えをできるようにした「DIY住宅」を試行的に導入する。間取りの変更や作り付けの棚の導入なども可能にする。工事期間として契約から3カ月間の家賃を無料にする。  こだわりの内装に変更したり、絵画や陶芸といった趣味に対応して汚れに強いクロスにしたりといった賃貸住宅では対応が難しかったニーズに対応す ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月12日