行政

その他

前田武志国土交通相が新任会見、復興でゼロエネ住宅普及、3次補正でエコポイント拡充、フラット35S再強化に意欲

 前田武志国土交通相は8日、週刊住宅新聞社など専門紙と会見し、エネルギー消費の少ないコンパクトシティなど持続可能な地域づくりに取り組む考えを表明した。また、適用期限切れを迎えた住宅エコポイントやフラット35Sの優遇幅拡大など住宅取得支援策について「3次補正で対応することが東北の復興にもつながる」と強い意欲を示した。  前田国交相は「東日本大震災の被災地復興と原子力事故への対応が、野田内閣最大の使命 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月12日