分譲

その他

GLPとカナダ年金、日本に380億円投資、物流ファンド組成

 アジア物流不動産のグローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)とカナダ公的年金運用機関のCPPIBは、日本の物流不動産の開発・運用を手掛ける「ジャパン・デベロップメント・ファンド」を設立した。  今後3年間で両社それぞれが2億5000万ドル、合計5億ドル(約383億円)を出資。LTV50%で国内金融機関から調達する借入金を合わせ、主に首都圏と大阪圏で土地を取得したうえで10~12棟のマル ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月5日