ハウス・住設

連載

住宅時評 トレンドを斬る(661)、ハウジングライター・藤原 利彦、COMMAハウスの実証実験がスタート、センサーやIT駆使、自動制御で風や光を導入へ

 10年後の住宅のスタンダードを目指したCOMMA(COMFORT MANAGEMENT)ハウスのモデルハウスが東京大学駒場2.キャンパス内に完成し、このほど実証実験を開始した。  COMMA(コマ)ハウスは供給側からの集中エネルギーマネジメントだけでなく、エネルギーの貯蔵も含めた需要の能動化による需給調整制御を目指しており、分散エネルギーマネジメント時代を見据えた次世代環境革新住宅。目指している ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月5日