賃貸管理

その他

自社免震賃貸、地震時の揺れ半減、スターツ

 スターツグループのスターツCAMは、同社が建設した免震構造賃貸共同住宅89棟(うち1都3県に80棟)が3月11日の東北地方太平洋沖地震でどの程度揺れを軽減したかを発表した。震度5弱を記録した東京都江戸川区の物件では地表面の地震動は最大加速度156ガルだったのに対して、建物内1階床は71ガルと地震力が半減していた。  また350メートルしか離れていない耐震構造と免震構造の建物で地震力を図ったところ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月5日