その他

連載

不動産オーナーのための、基礎からわかる資産形成、おきあい事務所置鮎謙治

 国民皆保険制度がある日本では通常、医療費の7割を医療保険(健康保険、国民健康保険)が負担し、残りの3割(70歳未満の方の場合)を私たち自身が自己負担しています。  しかし、それでも手術や入院が続いた場合には、自己負担額が高額になってしまう場合も生じます。そこで、1か月の自己負担額が一定額を超えると、その部分は保険料で負担する「高額療養費制度」という制度があります。  上位所得者は年収約800万円 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月5日