行政

その他

金融庁、TMK手続き簡素化、資産流動化法施行規則を改定

 金融庁は、金融商品取引法改正(5月17日成立、25日公布)に伴い、資産流動化法施行規則など関係政令・内閣府令を改定する。不動産関連では資産流動化スキームについての規制を弾力化する。  具体的には資産流動化計画の変更手続きを簡素化。優先出資や特定社債の発行時期、特定資産の取得時期など資産流動化スキームの根幹にかかわらない事項の変更届出を免除する。変更となる可能性が高い記載事項はあらかじめ定めること ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月5日