行政

その他

賃貸安定化法は継続審議、国会閉会都市再生特措法など成立

 第177通常国会は8月31日、220日間の会期を終えて閉会した。  家賃債務保証業に登録制を導入するとともに家賃取り立てに行為規制を導入する賃貸居住安定化法案(第174回国会内閣提出)は、衆院で継続審議となった。  税制改正関連法は、期限切れを迎えた租税特別措置の延長などは成立したものの、相続課税の強化や法人税率の引き下げを盛り込んだ改正案本体は継続審議とした。  今国会で成立した主な住宅・土地 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月5日