ハウス・住設

その他

一建設、仲介業者との連携強化、低価格企画住宅が好調

 建売住宅が主力の一建設の注文住宅事業が好調だ。仲介業者からの紹介をメーンに集客。延べ床32坪、本体980万円という低価格の企画住宅を中心に、受注を増やしている。  集客の中心は一次取得者層。和田俊幸取締役事業本部長は「基本は、土地を仲介した仲介業者からの紹介。建売住宅では捉えきれない住宅購入者を連れてきてもらう」という。販売チャネルを広げるため、展示場周辺の仲介業者に対して協力を働きかける。地元 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月5日