行政

その他

東京都、若年入居で多摩NTに活力、団地再生ガイドライン策定へ

 東京都は入居者の高齢化や都市施設の老朽化が進む多摩ニュータウンの再生に本腰を入れる。地区内の道路など都市基盤のバリアフリー化、住宅の更新、子育て世帯・高齢者支援サービスを充実させるとともに、若年世代の入居を誘導して地域を活性化する『多摩ニュータウン初期入居団地再生ガイドライン』を策定する方針だ。  多摩ニュータウンは、1971年に諏訪・永山地区で入居を開始した。入居開始から40年が経過し最寄の商 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月5日