開発, 分譲, ハウス・住設

1面トップ

住宅・不動産会社の海外展開、アジアの需要に照準、国内縮小見据え、新天地開拓

 住宅・不動産関連企業の海外事業拡大が目立つ。人口減少による市場縮小をにらんだ総合不動産や住宅メーカーなど大手企業が海外市場を開拓する。多くの会社は日本で培ったノウハウを生かして開発事業に取り組む。最近では、欧米でのビル保有を再開したり、住宅メーカーがアジアで住宅建築の請負事業に参入するなど、事業形態も広がってきた。経済成長著しい中国をはじめとしたアジアを中心に、北米や欧州、豪州など進出する国も多 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年9月5日