その他

連載

先端を読む(203)、住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート、新築の優位性は最新設備、新築と中古、並行検討の一次層が増加、後付けできない機能アピールを

 最近、マイホーム購入を考える30代一次取得層から、次のような質問を受けることが増えた。  「新築物件を検討しているのだが、中古物件の安さが気になって仕方がない。安い中古じゃあ、いけないのだろうか」という質問である。  新築マンションならば、4000万円のところ、中古ならば2500万円程度。築年数が30年を超えるものであれば1500万円程度で購入できる。新築にこだわらなければ、ずっと安く買える。場 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月27日