ハウス・住設

その他

東日本ハウス、営業強化へ基盤整備、15年度に受注高700億円へ

 東日本ハウスは営業体制を強化し、13年10月期までの現中期経営計画の次の3カ年計画で目標として設定する受注高700億円を見据えた基盤を整える。  最重点課題として取り組んでいる展示場での集客・受注強化については、1展示場当たり今期年間8棟、来期12棟の受注を目指す。日曜日の全員営業体制や現在1展示場当たり3.3人の営業人員を5人まで増やす。また、iPadを活用した営業ツールを導入、経験の浅い新人 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月27日