ハウス・住設

その他

県産材使った、680万円住宅、ジャーブネット

 アキュラホームの工務店ネットワーク・ジャーブネットは10日、東日本大震災の被災地を対象とした「地域復興木造住宅」を投入した。アキュラホームが09年に投入した本体価格550万円からという低価格住宅「新すまい55」で得たコストダウンノウハウを生かし、自由設計かつ地元産材を使った木造注文住宅を680万円から販売する。ジャーブネットのスケールメリットを生かして共同仕入れした太陽光発電システムも標準搭載す ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月27日