その他

連載

弁護士・金子博人の重要判例ピックアップ(13)、2項道路に接すると「袋地」でなくなるか、「公道」の2項道路に接すれば「袋地」と見なさず(東京地判平22・3・18)

【はじめに】  日常生活で出入りに使っている道路が実は他人の土地であり、その所有者が突然、塀などの構造物を設置して通行が不能または困難になったというトラブルは良くある。  妨害されたほうは、今まで問題なく通行していたのに、それを妨害するのは不当だと怒るが、所有者からみれば自分の土地なのでどう使おうと勝手だということになる。  このような争いは、近隣者間で人間関係が崩れたときに起こることが多く、深刻 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月27日