その他

連載

賃貸経営コンサルティングマスター・大友哲哉の今すぐできる空室対策、(11)楽器と大型バイクを受け入れよう、特別な設備投資は必要なし、少ない入居者同士のトラブル

 こんにちは。賃貸経営コンサルティングマスターの大友哲哉です。前回は「SOHO・事務所利用を受け入れよう」でした。すぐに不動産会社に連絡して、事務所利用者でもいいですよ、と伝えた大家さんもいるでしょう。地域によってはリスクが大きくて躊躇ちゅうちょしている大家さんもいるでしょう。無理せず、少しずつ入居者の間口を広げていきましょう。  さて、連載第11回は「楽器と大型バイク」です。一般的に、楽器可にす ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月27日