行政

その他

二重ローン回避へ、金融機関基盤強化、改正法が成立

 東日本大震災で被災した金融機関に公的資金注入の特例を設けた改正金融機能強化法が22日の参院本会議で可決・成立した。  被災者が抱える債務の返済猶予を行いやすくし、被災者が新たな債務を背負う「二重ローン」問題の回避を支援する。金融機関の経営基盤を強化して被災地への資金供給を促す。  公的資金を注入しても経営責任は問わず、収益向上など具体的な目標の達成も求めない。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月27日