行政, シルバー

その他

高齢者シェア住宅を実態調査、課題抽出し政策に反映

 国土交通省は、高齢者向けシェアハウスの実態調査に乗り出す。  一つの住宅に複数の人が暮らすシェアハウスの供給が増えている。若者向けでは都市部を中心に普及し、新しい居住形態の一つとして定着しつつある。  近年では、高齢者や障がい者向けの供給も見られるが、若者向けとは異なり、心身の状態などが人によってさまざまで、求められる設備も異なる。身体状況によっては、介護や看護など外部のサービスを利用する状況も ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月27日