分譲

その他

大京など、名古屋で環境配慮の278戸、「星ヶ丘の森」敷地内外を緑化

 大京、トヨタホーム、中電不動産、長谷工コーポレーションの4社は、名古屋市名東区の中部電力社宅跡地に開発中の分譲マンション「ヴィラス星ヶ丘の森」(総戸数278戸)の1期128戸を発売した。  エコキュート採用のオール電化マンション。共用部電力の一部を賄う太陽光パネルも設置する。敷地中央の芝生広場や水盤、森のテラスを囲むように建物を配棟し、敷地外構にも豊富な緑化を施すなど周辺の自然や街並みとの調和を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月20日