その他

その他

更新料訴訟、7月15日に判決、最高裁が3件まとめて

 賃貸住宅の更新料が無効かどうかが争われた3件の訴訟の上告審が最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)で10日に行われ、原告と被告双方の意見を聞く最終弁論を行い結審した。判決は7月15日。高裁段階では無効が2件、有効1件と判断が割れており、最高裁が3件まとめて最終結論(統一的判断)を出すと見られる。 無効2件の二審判決は「入居者の利益を一方的に害し、消費者契約法に照らし無効」と判断。有効1件は「更新料は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月20日