地域業者

連載

駅前不動産屋奮闘記、出口地所・出口 和生、ビル経営、その1

 「東京国」は「日本国」とは違い、ビル経営は左ウチワなのかと思っていたら「今までの中で、今が最も厳しい」とのこと。貸しビル業は、ビルが大きいほど安定する傾向があり、中小ビルは「早く悪くなり、回復も一番遅い」ので大変です。最寄り駅までの距離もより重要になり、やはり「徒歩5分まで」。ただ賃料の割安感により、新しいスペースを探す企業も出てきたとのことです。  2012年に完成する超高層や大規模ビルが多く ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月20日