その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(849)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、都立大学駅の築13年、土地30坪売却基準価額1.6倍で業者落札、震災後に戸建人気高まる

 震災後、東京における不動産取引は減少の傾向にある。ただし、戸建住宅のニーズは結構堅調のようで、建売業者の仕入れは活発との話もよく聞く。  6月9日開札で31本の入札を集めたのは東急東横線「都立大学」駅徒歩約4分の戸建であった。  この物件、土地は西側及び南側でそれぞれ幅員6メートルの公道に面する約30坪。建物は築13年の木・鉄筋コンクリート造地下1階付2階建で、延床面積が約49坪である。  売却 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月20日