行政

その他

【ひと】横浜で避難生活を送りながら仮設住宅に携わる玉川工務店社長玉川光昭(たまがわみつあき)さん、地元に”職”と”住”を提供する

 アキュラホームの工務店ネットワーク・ジャーブネットの会員で、福島県内の会員5社でつくる「ジャーブネット・ビルダー連合 福島」に参加する。4月15日に結成し、同22日には仮設住宅建築事業者として採択、現在福島市内の現場で仮設住宅建設をほかの5社とともに手掛ける。  南相馬市小高区に事務所と自宅を持つ。福島第一原発事故による避難区域に指定され、玉川さん自身も横浜市で避難生活を送る被災者だ。避難してか ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月20日