分譲

その他

自家発電装置、中層以上で標準化、大京がマンション防災強化

 大京は、停電によってマンションのエレベーターが停止する場合に備え、10月から着工する10階建てを超す中規模以上のマンションに自家発電を順次導入することを決めた。停電した時点から10時間程度運転できる設備を導入する。  また、高層マンションでは、これまで非常用自家発電が約1時間稼働するよう設計されているが、容量を増加して中時間の運転が可能になるようにする。自家発電のほか蓄電池によるエレベーターの稼 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月20日