ハウス・住設

連載

【環境月間特集】面的熱利用を拡大、地域冷暖房関連規制を緩和

 政府は、都市排熱や河川・下水道などの熱エネルギーを有効利用するため、関連する制度の見直しを進める方針を固めた。まちづくりに併せて地域冷暖房や面的な熱融通などを普及させ、エネルギー消費の3割以上を占め他の部門よりも増加傾向にある民生部門の省エネルギー対策を進めることが狙い。  経済産業省は環境や建築、エネルギーなどの専門家で構成する研究会を設置した。オブザーバーとして国交省、環境省、東京都、横浜市 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月13日