分譲

特集

【環境月間特集】ケイアイスター不動産、省エネにこだわった戸建て、緑被率15%確保で豊かな住空間

 1都4県(東京、埼玉、群馬、栃木、茨城)をメーンに分譲住宅を展開するケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙圭二社長)は、環境対応型の住宅普及を目指し住宅版エコポイント制度の基準を満たした戸建て分譲住宅を販売している。  同制度の対象物件(今年7月末までの着工物件)には、生活時のCO2排出量削減と水道・光熱費の節約を考え排気ガスを二次利用する省エネ給湯器や保温浴槽、節水型便器、手元でON-OFFで ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2011年6月13日